コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H H

知恵蔵の解説

H

ヘンリー」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

エッチ

[名・形動]《「変態」のローマ字書きhentaiの頭文字からという。「H」とも書く》
言動が性的にあらわで、いやらしいこと。また、そのさま。「ちょっとエッチな話」
俗に、性行為性交

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

H

ドイツの音名の一(ハー)。ハ調長音階の第 7 音「シ」、日本音名の「ロ」。
〖hard〗 鉛筆の芯の硬さを示す記号。 → BFHB
〖henry〗 インダクタンスの SI 単位ヘンリーを表す記号。
〖hip〗 ヒップを示す記号。 → BW
〖hydrogen〗 水素の元素記号。

h

〖hecto〗 ヘクト。単位に冠する接頭語で、102倍を示す。
〖height〗 高さを表す記号。
〖hour〗 アワー。時間を表す記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

H
えいち

英語アルファベットの第8字。フランス語ではアッシュ、ドイツ語ではハーと発音される。柵(さく)を表すエジプトの象形文字に起源をもち、セム文字を経由して発達し、形はギリシア文字のイータΗに対応する。小文字hは、ラテン文字の草書体、アンシャル体に由来している。綴(つづ)り字のなかでHは弱い音しかもたず、発音されない場合も多い。フランス語では、有音、無音の区別があるが、実際には発音されない。化学では水素の元素記号、電気では伝導係数の略号である。また鉛筆の硬度(hardに由来する)を表し、9Hまで段階をもっている。小文字のhは、物理ではプランク定数を表し、日常においては時間hoursや高さheightsを表す。[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Hの関連情報