H.M. モース(英語表記)Harold Marston Morse

20世紀西洋人名事典の解説

H.M. モース
Harold Marston Morse


1892.3.24 - 1977
米国の数学者。
元・プリンストン高等研究所教授。
メーン州生まれ。
兵役後、コーネル、ブラウン、ハーバードの各大学を経て、1935年プリンストン高等研究所の数学教授となる。モース理論と呼ばれる大域変分学の理論を展開し、位相幾何学、微分幾何学、力学系理論研究に多大な影響を与えた。主著に「大域変分学」(’34年)、「Introduction to Analysis in the Large」(’47年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android