コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H.M. モース Harold Marston Morse

20世紀西洋人名事典の解説

H.M. モース
Harold Marston Morse


1892.3.24 - 1977
米国の数学者。
元・プリンストン高等研究所教授。
メーン州生まれ。
兵役後、コーネル、ブラウン、ハーバードの各大学を経て、1935年プリンストン高等研究所の数学教授となる。モース理論と呼ばれる大域変分学の理論を展開し、位相幾何学、微分幾何学、力学系理論研究に多大な影響を与えた。主著に「大域変分学」(’34年)、「Introduction to Analysis in the Large」(’47年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

H.M. モースの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門寺山修司[各個指定]芸能部門オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)磁鉄鉱系列小川紳介鎌田慧

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android