コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HSPA エッチエスピーエーHSPA

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐エス‐ピー‐エー【HSPA】[high-speed packet access]

high-speed packet access第三世代携帯電話の通信方式W-CDMAを改良した高速データ通信の規格の一。第三・五世代移動通信システムに位置づけられる。下り方向を高速化したHSDPA、上り方向を高速化したHSUPAを組み合わせたもので、最大通信速度は下り約14Mbps、上り約5.7Mbps。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エイチエスピーエー【HSPA】

第3世代携帯電話の通信方式のひとつであるW-CDMAを拡張した高速データ通信規格。通信端末から基地局への上り方向の通信速度を高速化したHSUPAと下り方向を高速化したHSDPAを合わせた規格の総称。◇「high speed packet access」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

HSPAの関連キーワードHSPAエボルーションウルトラスピードiPadエアーHSPAプラスNexus7Nexus4HSPA+携帯電話4G

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android