コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HTTPS エイチ ティー ティー ピー エス

5件 の用語解説(HTTPSの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HTTPS

WebサーバーWebブラウザー間でデータを送受信するためのプロトコルであるHTTPに、SSLによるセキュリティー機能を付加したもの。WebサーバーとWebブラウザーの間で送受信するデータを暗号化するため、情報を安全にやり取りできる。HTTPSによる通信では、URLが「https://」で始まるほか、通信が暗号化されていることを示す鍵のマークがWebブラウザーに表示されることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

HTTPS

サーバーとの通信を暗号化してページの情報を取得する際に、ウェブブラウザアドレス欄に表示されるURLの先頭部分です。「HTTPの通信をセキュア(Secure:安全)に行う」という意味です。「https://」で始まるページは通信が暗号化されているため、通信の途中でデータをのぞき見されても、内容が伝わることはありません。ただし、通信相手が正しい相手かどうかは保証のかぎりではありません。ネットサービスログインして自分だけの情報を見る際や、ネット通販で住所やクレジットカード情報を入力して決済手続きをする際などに利用されます。暗号化には通常SSLという規格が使われます。
⇨HTTP、SSL、URL、
サーバー、セキュア

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐ティー‐ティー‐ピー‐エス【HTTPS】[hypertext transfer protocol over transport layer security]

hypertext transfer protocol over transport layer security》インターネット上でのデータ転送をするためのプロトコル、HTTP暗号化機能SSLを追加したプロトコル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

HTTPS

SSLの暗号化機能を実装したHTTPのこと。URLの最初に"https:"と表示される。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

エイチティーティーピーエス【HTTPS】

HTTPに、SSLTLSで暗号化機能を加えたプロトコルウェブサーバークライアントの間の通信を傍受から守ったり、通信経路上での第三者のなりすましを防止したりする。クレジットカードの番号や個人情報をやりとりするショッピングサイトなどで用いられる。「https://」で始まるURLを用いる。◇「hypertext transfer protocol over secure sockets layer」の頭文字等から。⇒TLS

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HTTPSの関連キーワードsshSSLDeleGate電子メールサーバーウェブサーバーPOPサーバーPSK

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

HTTPSの関連情報