HTTPS(読み)エイチティーティーピーエス

パソコンで困ったときに開く本「HTTPS」の解説

HTTPS

サーバーとの通信を暗号化してページの情報を取得する際に、ウェブブラウザのアドレス欄に表示されるURLの先頭部分です。「HTTPの通信をセキュア(Secure:安全)に行う」という意味です。「https://」で始まるページは通信が暗号化されているため、通信の途中でデータをのぞき見されても、内容が伝わることはありません。ただし、通信相手が正しい相手かどうかは保証のかぎりではありません。ネットサービスにログインして自分だけの情報を見る際や、ネット通販で住所やクレジットカード情報を入力して決済手続きをする際などに利用されます。暗号化には通常SSLという規格が使われます。
⇨HTTP、SSL、URL、
サーバー、セキュア

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典「HTTPS」の解説

エイチティーティーピーエス【HTTPS】

HTTPに、SSLTLSで暗号化機能を加えたプロトコルウェブサーバーとクライアントの間の通信を傍受から守ったり、通信経路上での第三者のなりすましを防止したりする。クレジットカードの番号や個人情報をやりとりするショッピングサイトなどで用いられる。「https://」で始まるURLを用いる。◇「hypertext transfer protocol over secure sockets layer」の頭文字等から。⇒TLS

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「HTTPS」の解説

HTTPS

WebサーバーとWebブラウザー間でデータを送受信するためのプロトコルであるHTTPに、SSLによるセキュリティー機能を付加したもの。WebサーバーとWebブラウザーの間で送受信するデータを暗号化するため、情報を安全にやり取りできる。HTTPSによる通信では、URLが「https://」で始まるほか、通信が暗号化されていることを示すのマークがWebブラウザーに表示されることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「HTTPS」の解説

エッチ‐ティー‐ティー‐ピー‐エス【HTTPS】[hypertext transfer protocol over transport layer security]

hypertext transfer protocol over transport layer security》インターネット上でのデータ転送をするためのプロトコル、HTTPに暗号化機能SSLを追加したプロトコル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android