コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IE あいいー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IE

産業工学、また生産工学のこと。予算から原価管理生産技術の開発から応用・効率化、経営管理システム、経営組織など、経営上のあらゆる問題の合理化を、工学的な手法に基づいて推し進めていくこと。おもに、人材から設備、材料まで、統合的な生産システムを設計することを指す。生産の時間的管理と、オペレーションズリサーチによる工場建設から生産計画までの、生産効率の徹底、さらには一貫生産の管理をスムーズにするための生産日程の計画性までも含まれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

IE

生産工学または経営工学産業工学などといわれる。 生産や建設などの工程を、合理的に展開するための考え方。具体的には、標準時間値の検討、日程計画と管理、原価管理、工程や設備の設計・計画、標準作業手順の開発といったことを工学的に行う。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IE
アイイー

インダストリアル・エンジニアリング」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のIEの言及

【インダストリアル・エンジニアリング】より

…IEと略称。人間の行う仕事の生産性を上げるための技術。…

【科学的管理法】より

F.W.テーラーを始祖とする工場管理の方法。狭義には,テーラーが提唱した工場労働の時間研究time studyによる標準時間と作業量の設定,職能別職長制度に,ギルブレスFrank Bunker Gilbreth(1868‐1924)が開発した作業方法の研究(動作研究motion study)による作業簡素化・標準化を加えた管理方式をいい,しばしばテーラー・システムと同義に用いられる。広義には,各種の科学的理論に基づく経営管理の方策・技術・組織制度を総称し,経験・勘にたよる管理を成行き管理として対比的に用いる。…

※「IE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

IEの関連キーワードCascading Style Sheetイルメラ ヒジヤ・キルシュネライトインダストリアル・エンジニアリングインダストリアルエンジニアリングインターネット・エクスプローラメソッド・エンジニアリングActiveXオプトインアハロノフ=ボーム効果IEEE802.11gコーク(アイルランド)ダイレクトアクション事務管理(企業活動)テーラー・システムH/PC 2000web mailFlashゲームHTTPクッキーワーク・デザインガント・チャートインダストリアル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

IEの関連情報