コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IT投資促進税制 あいてぃーとうしそくしんぜいせい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IT投資促進税制

企業のIT投資を支援するために創設された税制。2003年の1月~06年3月までが適用期間だった。03年以前も中小企業対象に、ハードウェアへの投資を7%ほど税額控除する支援策はあったが、IT投資促進税制はより充実した制度といわれている。まず、中小企業から大企業まですべてを対象としている。次に、10%の税額控除か50%の特別償却かと企業が自由に選択できるなど、支援の内容も充実した。さらに適用対象となる設備も、パソコン機器だけでなく、ファクシミリコピー機などのハードウェアやソフトウェアが認められ、一部の中小企業にはリースも適用の対象となった。このような制度の充実から、IT投資促進税制は利用が比較的多い制度であったといわれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android