Internet Explorer(読み)インターネット エクスプローラー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Internet Explorer

マイクロソフト社が提供するWebブラウザー。Windows 95にバージョン1が別途用意され、Windows 98以降はInternet Explorer 4がOSの一部として組み込まれるようになった。Windows 7にはInternet Explorer 8が付属しており、Webブラウザー市場でトップシェアを維持している。一般にはIEと略して呼ばれる。1996?1998年にかけて、当時主流だったWebブラウザーNetscape Navigatorとシェア争いを繰り広げ、結果的にIEが逆転した。その過程で、OSに組み込まれていることが米国で独占禁止法違反の判決を受け、現在はOSと分離したアプリケーションになっている。また、Internet Explorer 8においても、Web標準を積極的にサポートしていないとして、批判の対象になることがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Internet Explorer
いんたーねっとえくすぷろーらー

Windows(ウィンドウズ) OSに標準で搭載されている、マイクロソフト社製のブラウザ。略称IE。登場したのは1995年で、Windows 95の機能を拡張するソフトウェアである「Microsoft Plus! for Windows 95」に同梱(どうこん)されていた。ウェブブラウザとして先行していたネットスケープ・ナビゲーターNetscape Navigatorに対抗する形で投入され、Windows 98以降のOSへの標準搭載によってシェアを伸ばした。その後、2006年公開のIE 7からはタブブラウザ(一つのウィンドウのなかで複数のページを切り替えながら表示するもの)化するなどの機能強化を続けている。Mac(マック) OS版、UNIX(ユニックス)版も提供されていたが、それぞれ2003年、2001年で開発を終了している。
 2014年3月時点での最新版は、Windows 8.1に標準搭載されているIE 11である。なお、モバイル版としてInternet Explorer MobileがWindows Mobileに搭載されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android