コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IrSimple あいああるしんふる,あいあーるしんぷる

1件 の用語解説(IrSimpleの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

IrSimple

 ITXイー・グローバレッジとNTTドコモシャープ早稲田大学が共同で開発した、赤外線による高速無線通信方式。業界標準化団体である IrDA (Infrared Data Association)において国際標準規格として正式に採用されることが決定したのは2005年8月のこと。おもに携帯電話やコンパクトデジタルカメラに搭載されていた赤外線通信 IrDA 方式の通信手順プロトコル)を効率化することで、データ転送速度の高速化(従来比4~10倍以上)を達成したことが特徴。また、従来の IrDA 方式と互換性を持たせることが可能という特徴も併せもつ。デジタルカメラで撮影した高精細な写真を、リモコン感覚の簡単な操作でフォトプリンターに瞬時に転送できるとして、とくにコンパクトフォトプリンターやモバイルプリンターに搭載が進んでいる。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IrSimpleの関連キーワードグローバルローミンググローバル・プラニンググローバル評議会グローバル志向イートンカレッジカバレッジグローバルイーストビレッジグローバルパワーレバレッジ率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IrSimpleの関連情報