コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LCoSプロジェクター LCoSぷろじぇくたー/えるこすぷろじぇくたー/LCOSぷろじぇくたー liquid crystal on silicon projector

1件 の用語解説(LCoSプロジェクターの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

LCoSプロジェクター

LCoSとは「シリコン基板上に載せた反射型液晶」のこと。プロジェクター光学デバイスの1つ。従来の主流は、背面から光を当てて透過させ、スクリーンに拡大、投射する透過型液晶だが、LCoSは反射型。透過型は配線部が光を遮って、輝度がその分落ちるが、LCoSは反射鏡の後ろに配線部があるので、光のロスのない明るい画像が投射できる。しかも画素(画像形成の最小単位)を精細化することが可能。ビクターD-ILA(Digital Drive Image Light Amplifier)、ソニーSXRD(Silicon X-tal Reflective Display)というLCoS素子を開発。いずれも映画のフィルム感の再現に優れている。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LCoSプロジェクターの関連キーワードシリコンチップ低温ポリシリコンTFT液晶シリコンステッパー俎上に載せる俎板に載せるアモルファスシリコン太陽電池シリコンウエハープレーナー技術リトグラフィー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

LCoSプロジェクターの関連情報