コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロス James Clark Ross

デジタル大辞泉の解説

ロス(James Clark Ross)

[1800~1862]英国軍人・探検家。北極探検隊に参加し、北磁極を確定。南極探検ではエレブス山・テラー山・ロス海などを発見。

ロス(loss)

[名](スル)
むだに費やすこと。損失。「ロスを減らす」「時間をロスする」
失うこと。喪失。「ペットロス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロス

英国の極地探検家。1818年以降叔父ジョンJohn Ross〔1777-1856〕とともに北西航路探検に加わった。1819年―1833年に数回北極海を探検し,1831年には北磁極を確認した。
→関連項目南極大陸北極地方

ロス

英国の医学者。軍医学校で学び,インドで軍医として勤務し,マラリア研究に従事。マラリア原虫はカが媒介することを発見し,その生活環を研究。1902年ノーベル生理医学賞。

ロス

ドイツ生れの英国の数学者。数論の研究により,1958年フィールズ賞

ロス

米国のユダヤ系作家。シカゴ大学を卒業,各地の大学で英語を教えた。1959年に,ユダヤ人を描いた短編六つからなる《さようならコロンバス》を発表して成功。《ポートノイの不満》(1969年),《乳房になった男》(1972年)では性的主題を扱う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロス【Alf Ross】

1898‐1980
デンマークの法哲学者。コペンハーゲン大学教授。法律学上の基本概念である権利,妥当性等の分析においてスウェーデンのA.ヘーガーシュトレームから出発し,それらが意味上の指示物semantic referenceをもたない形而上学概念であることをいったん受け入れるが,そのあとでそれらを科学的言語に再構成せんとする。すなわちロスは規範命題と存在命題との基本的相違を認めず,前者を後者に変換し,それと社会的事実との対応を求め,その有無によってその命題の真偽を決定せんとする。

ロス【Frank Elmore Ross】

1874‐1960
アメリカの天文学者。1896年カリフォルニア大学を卒業後,ネバダ大学数学講師,航海暦局助手,カーネギー研究所研究員などを務め,この間S.ニューカムの指導で惑星や衛星の運動を研究した。1905年メリーランド州ゲゼルスバーグの国際緯度観測所長となり,従来緯度観測に用いられてきた天頂儀を改良してPZT(写真天頂筒)を発明した(1911)。ロスはこの新装置で14年10月までの450夜に6944個の星を写したが,翌年PZTが海軍天文台に移転したのを機に,コダック社の研究員となり,写真技術,レンズ設計などに携わった(1915‐24)。

ロス【James Clark Ross】

1800‐62
イギリスの極地探検家。ロンドンで生まれ,海軍士官となり18歳でおじのジョン・ロスJohn Ross(1777‐1856)の北西航路探検に同行した。1819‐33年北極海を5回探検し,31年には北磁極を発見した。39‐43年南極探検に転じ,3回南極海を航海して南緯78゜10′まで達し,ロス海,ビクトリア・ランドや活火山エレバスなどを発見した。その探検の成果は著書《南方および南極地方の発見と調査の航海》として47年に発表された。

ロス【Philip Roth】

1933‐
アメリカのユダヤ系作家。バックネル大学卒業後,シカゴ大学で修士号を取得。大学講師のかたわら発表した作品を集めた処女作品集で,ユダヤ人の文化的,宗教的,また世代間の摩擦・緊張を扱った《さようなら,コロンバス》(1959)により全米図書賞を得て新進作家となる。その後,ユダヤ人と非ユダヤ女との結婚生活の軋轢(あつれき),崩壊を扱った《自由を求めて》(1962),男を破滅させ,自分も破滅する《ルーシーの悲しみ》(1967),厳格で愛情の権化のようなユダヤ的母親の影響から自立しようとしてできない男の悲喜劇《ポートノイの不満》(1969),野球に託してアメリカ文化を痛烈に風刺した《すばらしいアメリカ野球》(1973),自伝的色彩の濃い,自立したおとなとして女を愛することのできない男の悲劇を描いた《男としてのわが人生》(1974)などを発表。

ロス【William Parsons,3rd Earl of Rosse】

1800‐67
イギリスの天文学者。本名ウィリアム・パーソンズ。アイルランドの貴族で父の死後ロス伯となる。1822年オックスフォード大学を卒業。1821‐34年アイルランド選出の下院議員となり,45年には上院議員に選ばれた。1827年から望遠鏡の製作を手掛け,翌年には蒸気で動く金属鏡研磨機を発明したり,反射率の高い合金を見つけたりして苦心の末,39年に口径90cm,42年には口径180cmの当時世界最大の金属反射鏡を完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロス【loss】

( 名 ) スル
無駄にすること。失うこと。損失。 「車の故障で三時間-した」

ロス

ロサンゼルスの略。

ロス【James Clark Ross】

1800~1862) イギリスの探検家・軍人。北極探検隊に参加し北磁極を確定。南極探検ではロス海・ロス島などを発見し、南緯78度9分30秒に達した。

ロス【Philip Roth】

1933~ ) アメリカの作家。現代文明の軋轢あつれきを描く「さようなら、コロンバス」「ポートノイの不満」「すばらしいアメリカ野球」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロス
Ross, Betsy (Elizabeth Griscom)

[生]1752.1.1. フィラデルフィア
[没]1836.1.30. フィラデルフィア
アメリカ国旗を最初につくった人物。フィラデルフィアのクェーカー教徒。 1776年1月夫の死後,夫の仕立業を継ぎ,同年6月 G.ワシントン,M.モリスらのつくる秘密委員会の要請で,星条旗をつくった。この旗はのち大陸会議で正式に国旗に制定された (1777.6.14.) 。

ロス
Ross, George

[生]1730.5.10. デラウェアニューカッスル
[没]1779.7.14. フィラデルフィア
アメリカ独立革命期の法律家。独立宣言署名者の一人。ペンシルバニアのランカスターで法律家として活躍。 1776年ペンシルバニア邦憲法制定会議副議長となり,特に権利宣言条項のために努力。 74~77年大陸会議代表。 79年ペンシルバニア海事裁判所判事。

ロス
Ross, Harold Wallace

[生]1892.11.6. コロラドアスペン
[没]1951.12.6. ボストン
アメリカのジャーナリスト。『スターズ・アンド・ストライプス』紙などの編集に携わったのち,1925年,雑誌『ニューヨーカー』 The New Yorkerを創刊,死ぬまで編集長を務め,サーバー,E.B.ホワイト,W.ギッブズらの優れた編集陣の協力を得て,洗練された誌面をつくり上げ,多くの新人を発掘した。

ロス
Ross, Sir James Clark

[生]1800.4.15. ロンドン
[没]1862.4.3. バッキンガムシャー,エアーズベリー
イギリスの海軍軍人,北極,南極探検家。 1812年海軍に入り,18年最初の北極探検に参加。その後数回にわたり北極探検を行い,31年北磁極の位置を確定した。 39~43年南極を探検。 41年ロス海を発見。探検の目的は磁気観測と南極の磁極に達することであったが失敗,途中ビクトリアランドを発見。 48~49年 J.フランクリンの捜索を行なった。主著"A Voyage of Discovery and Research in the Southern and Antarctic Regions" (1847) 。

ロス
Ross, John

[生]1790.10.3. アメリカ,テネシー,ルックアウトマウンテン近郊
[没]1866.8.1. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカインディアン,チェロキー族族長。インディアン名を Koowe(Coowescoowe)という。スコットランド人の交易商人とチェロキーの混血で,白人社会で高等教育を受けた。ジョージア州におけるチェロキーへの圧迫に抵抗し,1819~26年チェロキー国民会議議長,28~39年東部チェロキー大族長。戦争以外のあらゆる手段を用いてチェロキーの自由と権利を守るために戦った。戦いに敗れ,38年オクラホマの指定居留地に強制移住させられた。そのときチェロキーの通った道は「涙の踏みわけ道」と呼ばれる。ロスはその地で東・西部チェロキーを大同団結させてその族長となった。ワシントン D.C.に事務所を開き,死ぬまでチェロキー条約締結 (1866) に努力した。

ロス
Ross, Sir John

[生]1777.6.24. バルサロック
[没]1856.8.30. ロンドン
スコットランド出身の海軍軍人,北極探検家。極地探検家ジェームズ・クラーク・ロスの叔父。1794年海軍に入り,フランス革命戦争やナポレオン戦争でスウェーデンの艦隊を指揮した。1818年の最初の北極探検は失敗したが,1829~33年の第2回北極探検は成功で,カナダ北西部をおもに探検し,貴重な成果を上げた。1850年ジョン・フランクリン捜索を目的とした第3回探検は失敗。主著 "A Voyage of Discovery"(1819),"Narrative of a Second Voyage in Search of a North-West Passage"(1835)。

ロス
Ross, Martin

[生]1862.6.11. ゴールウェー
[没]1915.12.21. コーク
アイルランドの女流作家。本名 Violet Florence Martin。旧家に生れ,1886年から従姉イーディス・ソマービルと共作で 19世紀のアイルランド社会を描いた小説を発表。代表作『真のシャーロット』 The Real Charlotte (1894) 。

ロス
Ross, Sir Ronald

[生]1857.5.13. アルモラ
[没]1932.9.16. ロンドン
イギリスの医師。インド生れで,母国で医学を学んだのちインドに戻り,1892年からマラリアの研究に着手した。マラリア原虫がハマダラカによって媒介されることを発見してマラリア撲滅の突破口を開き,その功により 1902年のノーベル生理学・医学賞を受賞。 02~12年リバプール大学熱帯医学教授。 12年ロンドンのキングズカレッジ病院熱帯病科の医師,26年ロス熱帯病研究所の所長となる。主著"The Prevention of Malaria" (1910) 。

ロス
Ross, Sir William David

[生]1877.4.15.
[没]1971
イギリスのギリシア古典学者,倫理学者。 1900年オックスフォード大学オリエル学寮講師,23年道徳哲学教授,29年同学寮学長。アリストテレス研究の第一人者で,その校訂,注解,翻訳を多く出版。オックスフォード版英訳全集の編集者。『形而上学』『自然学』などアリストテレス注解のほか"The Right and the Good" (1930) などの倫理学書もある。

ロス
Rosse, William Parsons, 3rd earl of

[生]1800.6.17. ヨーク
[没]1867.10.31. モンクスタウン
イギリスの天文学者。伯爵。下院議員(1821~34),上院議員(1841)。大型望遠鏡製作の夢にとりつかれ,幾多の経験を積んだのち,1845年に青銅製の反射鏡をもつ直径 72インチ(約 1.8m),長さ約 16.5mに及ぶ大望遠鏡を製作,星雲星団銀河の観測・研究を行なった。特に渦状銀河の形を明らかにした功績は大きい。また銀河と星団の構造上の差異を明らかにした。

ロス
Roth, Philip (Milton)

[生]1933.3.19. ニュージャージー,ニューアーク
アメリカの小説家。ユダヤ系。シカゴ大学卒業後,母校で2年間教鞭をとり,その間『ニューヨーカー』などの雑誌に短編を発表。 26歳のとき出版した,中・短編から成る『さようなら,コロンバス』 Goodbye,Columbus (1959) で一躍認められ,全米図書賞ほか5つの賞を独占した。その後,長編『自由を求めて』 Letting Go (62) ,『彼女が善良だったとき』 When She Was Good (67) ,奔放な俗語の駆使と大胆な性描写で話題を呼んだ『ポートノイの不満』 Portnoy's Complaint (69) ,ニクソン政権を風刺した『われらのギャング』 Our Gang (71) ,カフカの『変身』を思わせる『乳房になった男』 The Breast (72) ,プロ野球を素材にアメリカ社会を痛烈に批判した『偉大なアメリカ小説』 The Great American Novel (73) ,告白小説『男としてのわが生活』 My Life as a Man (74) と,次々に多彩な作品を発表している。

ロス
Roth, Klaus Friedrich

[生]1925.10.29. ブレスラウ
ドイツ生まれのイギリスの数学者。1945年ケンブリッジ大学ピーターハウス・カレッジ卒業,ロンドン大学で 1948年理学修士号,1950年博士号取得。1948~66年ロンドン大学で教鞭をとったのち, 1988年までインペリアル・カレッジ・ロンドンの教授を務めた。1958年,イギリスのエディンバラで開催された国際数学者会議で,整数論に関する業績によりフィールズ賞を受賞した。おもな研究分野は整数論,とくに解析数論で,代数的数の有理数による近似の理論において大きな業績を上げた。αを無理数とすると不等式|p/q-α|<1/q2を満たす有理数 p/q が無限個存在する。この拡張として,代数的数αに対して,|p/q-α|<1/qμを満たす有理数 p/q が無限個存在するような,指数μの上限を求める問題が考えられる。この問題については 1844年フランスのジョゼフ・リウビル,1908年ノルウェーのアクセル・トゥエ,1921年ドイツのカール・ルートウィヒ・ジーゲル,1947年アメリカ合衆国のフリーマン・J.ダイソンらの研究により改良が加えられていったが,最終的には 1955年にロスが,どのような代数的数に対しても,このような指数μの上限は 2であることを証明した。アトル・セルバーグによるふるいの方法による解析数論の業績でも知られる。

ロス
Roth, Alvin E.

[生]1951.12.18. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の経済学者。フルネーム Alvin Eliot Roth。マーケットデザインの先駆者。16歳で高校を中退,コロンビア大学で学び,1971年に理学士号を取得した。その後,スタンフォード大学で 1973年理学修士号,1974年博士号を取得,1974~82年イリノイ大学で教鞭をとった。1982年にピッツバーグ大学A.W.メロン経済学講座教授に就任,1985~98年経営学の教授を務めた。1998年にはハーバード大学ジョージ・ガンド経済学講座教授に任命され,2013年に名誉教授となる。2012年からスタンフォード大学で教鞭をとる。マッチング理論に基づくゲール=シャプリー・アルゴリズムの妥当性に気づき,実証的研究を通して,それがマーケットの機能を明らかにするとともに,成功している組織における安定性の重要性を示すことができることを発見。この理論を用いて,アメリカの研修医と研修先の病院をマッチングさせるプログラムを手がけた。2012年,「安定配分理論とマーケットデザインの実践」に関する功績により,ロイド・シャプリーとともにノーベル経済学賞を受賞した。シャプリーの理論と実証的研究,およびロスのマーケットデザインへの応用を組み合わせることで,組織や個人にとって相互の利益となる効率的なマッチングを行ない,さまざまな市場で資源をよりよく配分することが可能になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ロス

生年月日:1866年12月12日
アメリカの社会学者
1951年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のロスの言及

【写真天頂筒】より

…天文緯度と恒星時の観測専用望遠鏡の一種。1911年アメリカのロスF.E.Ross(1874‐1966)によって原型が作られ,アメリカ海軍天文台で改良が重ねられた。鏡筒は直立して動かない。…

【写真天頂筒】より

…天文緯度と恒星時の観測専用望遠鏡の一種。1911年アメリカのロスF.E.Ross(1874‐1966)によって原型が作られ,アメリカ海軍天文台で改良が重ねられた。鏡筒は直立して動かない。…

【フッカー】より

…グラスゴー大学で医学の学位を取得。ロスJ.C.Rossの南極探検に,軍医補兼博物学者として参加する(1839‐43)。その探検の植物報告書をまとめ,《南極植物誌》(1844‐47)などを公刊する。…

【南極】より


[地形,地質]
 南極大陸はほぼ南極圏内にあり,それを大きく二分する南極横断山地Transantarctic Mountainsによって,東半球に属する古い大陸塊の東南極大陸(大南極もいう)と,地質年代がこれより新しい西南極大陸(小南極)とに分けられる。また太平洋側からはロス海,大西洋側からはウェッデル海が深く湾入している。西南極大陸からは南極半島が南アメリカ大陸方向に延びている。…

【フッカー】より

…グラスゴー大学で医学の学位を取得。ロスJ.C.Rossの南極探検に,軍医補兼博物学者として参加する(1839‐43)。その探検の植物報告書をまとめ,《南極植物誌》(1844‐47)などを公刊する。…

【北極】より

…18世紀に入ると政府主導の地理探査が始まり,南極を一周したイギリスのJ.クックは太平洋を北上しアラスカ西端に達した。1818年イギリスのロスJohn Ross(1777‐1856)は,バフィン湾から西へ続くランカスター海峡に入った。ロスは1829‐33年バフィン島の西のブーシア湾で2年越冬したが,甥の副隊長ジェームズ・クラーク・ロスJames Clark Ross(1800‐62,後年南極ロス海発見)は地磁気の専門家で,1831年に北磁極(北緯69.5゜,西経95゜)を発見した。…

※「ロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロスの関連キーワード食べきりSaiTaMa大作戦シンギュラリティ・スカイサーロス・ウルフハウンドクラシックな殺し屋たち暗殺のジャムセッションパロスデラフロンテラヘーガーシュトレームマッキントッシュ教会シロス・ラビィーニビクトリア・ランドロストロポーヴィチバッキンガムシャーキクラデス[諸島]マイクロスクラッチモルディダ・マンポークチョッパーレッドシーハルク五百万ドルの迷宮パケット・ロスパラワールド誌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロスの関連情報