コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MAPキナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

MAPキナーゼ

 MAPKと略しERKともいう.静止期におかれた細胞突然変異誘発物質で処理すると活性化されるタンパク質キナーゼで,セリン-トレオニンキナーゼの一つ.細胞内の信号伝達系の構成因子の一つ.MAPキナーゼキナーゼによってリン酸エステル化され活性化される.この酵素が活性化される条件では,静止期にある細胞は分裂を開始する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

MAPキナーゼの関連キーワード細胞内情報伝達機構MAPKKKMAPKKErk

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MAPキナーゼの関連情報