MOOCS(読み)ムークス

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MOOCs
むーくす

大学における高度な学習コースを数週間単位で無料受講できるオンライン講座。Massive Open Online Coursesの略で、「大規模公開オンライン講座」と訳されている。ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学などが開設している。MOOCsは単に講義動画を無償で公開するオープンコースウェア(OCW)とは異なり、コースの期間が設定されており、宿題の指示があるほか理解度をチェックする試験も行われる。またコース修了後に単位を認定する大学もある。人気のある講義は数万人単位のコミュニティになっている。講座の配信、試験の管理などを行うプラットフォームは複数あり、主要なものはCoursera(コーセラ)、Udacity(ユーダシティー)、edX(エデックス)、Futurelearn(フューチャーラーン)など。参加している大学は、MOOCsで魅力的な講座を公開することにより、学生獲得に向けたプロモーションにつながることを期待している。日本でも2013年9月から東京大学で2講座を英語で配信する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android