コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NSPIXP えぬえすぴーあいえっくすぴー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

NSPIXP

インターネットサービスプロバイダーが、インターネットと相互接続するために経由するインターネットエクスチェンジ。現在は、NSPIXP-1は運用停止しており、NSPIXP-2が「dix-ie」という名称に変更となって東京に、NSPIXP-3が大阪に、それぞれ設置されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エヌ‐エス‐ピー‐アイ‐エックス‐ピー【NSPIXP】[network service provider internet exchange point]

network service provider internet exchange point》インターネットの相互接続ポイント(IX)の総称。複数のインターネットサービスプロバイダーとWIDEプロジェクトによって運営される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホームページ制作用語集の解説

NSPIXP

Network Service Provider Internet eXchange Pointの略。どのような伝送媒体(Ethernet、ISDN、電話網、光ケーブルネットワーク等)を使用しているかに依存しないため、ネットワークが相互接続されるインターネットで標準的に利用されている通信規格。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android