コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OSS オー エス エス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OSS

オープンソースの考え方に基づいて開発されているソフトウェアオープンソース・ソフトウェア(OSS)といい、代表例にOSのLinux、オフィススイートのOpenOffice.orgなどがある。多くのオープンソース・ソフトウェアでは参加する開発者のコミュニティーが形成されており、ソースコードの改変やソフトウェアの公開手順について協議しながら開発を行っている。また、企業が解散するときに、自社の資産であったソフトウェアのソースコードを公開して、オープンソース・ソフトウェアにすることもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オー‐エス‐エス【OSS】[Office of Strategic Services]

Office of Strategic Services》戦略事務局。第二次大戦中の米国政府機関。CIAの前身。1942年、大統領令によって設立。

オー‐エス‐エス【OSS】[open source software]

open source software》⇒オープンソースソフトウエア

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

OSS
おーえすえす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のOSSの言及

【情報機関】より

…その活動が国家の統制下に行われるようになったのは第2次大戦以後のことである。アメリカの情報機構の中心的役割を果たしている中央情報局(CIA)の萌芽は1942年初めに創設された情報統制局(COI)で,その後第2次大戦中に戦略業務部(OSS)と改称された。OSSは45年9月にいったん解散されたが,46年1月中央情報本部(CIG)として復活,47年9月にCIGに代えCIAが発足,ダレスA.Dullesが長官となり,CIAの名が世界中に知られるようになった。…

※「OSS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

OSSの関連キーワードダレス(Allen Welsh Dulles)open source licenceワンストップサービス(OSS)オープンソースソフトコーエン セオドアジム・トンプソン氏ヨハニスブルク城エステルハージ城スファグナム泥炭アイアンキャップ東京国際映画祭P and L平山網目翅斑蠅Androidロスレス圧縮ロッシー圧縮スバルティ滝ストスケッペ摩擦変成作用GitHub

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

OSSの関連情報