P.K.L. ドルーデ(英語表記)Paul Karl Ludwig Drude

20世紀西洋人名事典の解説

P.K.L. ドルーデ
Paul Karl Ludwig Drude


1863.7.12 - 1906.7.7.(7.5.説あり)
ドイツの物理学者。
元・ギーセン大学教授,元・ベルリン大学教授。
ブランズウィック生まれ。
ゲッティンゲン大学、フライブルク大学、ベルリン大学で学び、ゲッティンゲン大学に戻りW.フォークトに師事し学位を取得する。1894年ライプツィヒ大学教授、1901年ギーセン大学教授を歴任し、’05年ベルリン大学物理学教授。マクスウェル理論の有効性を認識し光学現象理論を発展させ、カー効果の説明のほか、金属電子論を展開しウィーデマン・フランツの法則、電気伝導・熱伝導現象の説明を行った。さらにドルーデ・フォークトの光の分散式でも有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android