コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属電子論 きんぞくでんしろんelectron theory of metal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属電子論
きんぞくでんしろん
electron theory of metal

金属の原子間結合,電気伝導性,比熱磁性,光学特性,相転移などの物理的性質を,内部電子と結晶格子との関連において量子力学的方法で解明する理論分野。 W.ヒュームロザリ,N. F.モットらによって 1930年代に基礎が築かれ,近年非常に進展している。近年著しく発達した電子機器の半導体トランジスタなどの作用の理論面は,金属電子論に基礎をおいたものである。

金属電子論
きんぞくでんしろん
electron theory of metals

金属の性質を電子の運動から説明する理論。金属は電気や熱をよく伝え,特有の光沢をもつのが特徴であるが,この性質は金属内を自由に動き回れる電子に起因する。この自由電子モデルは 20世紀初頭の P. K. L.ドルーデ,H. A.ローレンツの研究に始り,量子力学の成立とともに急速な進歩を示した。この研究分野は物性物理学の大きな領域を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

金属電子論の関連キーワードアーノルド・J.W. ゾンマーフェルトP.K.L. ドルーデゾンマーフェルトウィーデマン金属組織学固体電子論固体物理学第二量子化統計力学ギヨーム金属工学気体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android