金属電子論(読み)きんぞくでんしろん(英語表記)electron theory of metal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属電子論
きんぞくでんしろん
electron theory of metal

金属の原子間結合,電気伝導性,比熱磁性,光学特性,相転移などの物理的性質を,内部電子と結晶格子との関連において量子力学的方法で解明する理論分野。 W.ヒュームロザリ,N. F.モットらによって 1930年代に基礎が築かれ,近年非常に進展している。近年著しく発達した電子機器の半導体トランジスタなどの作用の理論面は,金属電子論に基礎をおいたものである。

金属電子論
きんぞくでんしろん
electron theory of metals

金属の性質を電子の運動から説明する理論。金属は電気や熱をよく伝え,特有の光沢をもつのが特徴であるが,この性質は金属内を自由に動き回れる電子に起因する。この自由電子モデルは 20世紀初頭の P. K. L.ドルーデ,H. A.ローレンツの研究に始り,量子力学の成立とともに急速な進歩を示した。この研究分野は物性物理学の大きな領域を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android