コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属電子論 きんぞくでんしろん electron theory of metal

2件 の用語解説(金属電子論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属電子論
きんぞくでんしろん
electron theory of metal

金属の原子間結合,電気伝導性,比熱,磁性,光学特性,相転移などの物理的性質を,内部電子と結晶格子との関連において量子力学的方法で解明する理論分野。 W.ヒュームロザリ,N. F.モットらによって 1930年代に基礎が築かれ,近年非常に進展している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

金属電子論
きんぞくでんしろん
electron theory of metals

金属の性質を電子の運動から説明する理論。金属は電気や熱をよく伝え,特有の光沢をもつのが特徴であるが,この性質は金属内を自由に動き回れる電子に起因する。この自由電子モデルは 20世紀初頭の P. K. L.ドルーデ,H. A.ローレンツの研究に始り,量子力学の成立とともに急速な進歩を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金属電子論の関連キーワード原子価結合法自由電子デバイ=ヒュッケルの理論電子光学電子波電子論有機電子論原子物理学原子模型フレネルの複屈折理論

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone