コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

R層 アールそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

R層
アールそう

土壌層位の一つ。最下層にある花崗岩砂岩,また石灰岩のような固結した岩石の層をいう。土壌生成過程においては,この岩石層 (母岩) が風化,粗鬆化し土壌に対して無機素材を提供する (土壌生成の重要因子である) 土壌母材を形成していくが,一般的には残積土以外の場合がほとんどで,上方の土壌との関連のない岩石である。なお,R層はかつてD層といわれていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

R層の関連情報