コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壌生成 どじょうせいせい soil genesis

2件 の用語解説(土壌生成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土壌生成
どじょうせいせい
soil genesis

未固結な土壌母材から土壌体,すなわち本当の土壌が発達するための過程および土壌生成因子に特に重点をおいた土壌の起源をいう。土壌生成因子とは土壌の形成に活動的に関係する,相互に関連する自然力で,母岩,気候,生物,地形,および時間に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

土壌生成

土壌の形成のことで,この中には機械的な破壊,有機物の濃集,溶脱作用(eluviation),集積作用(illuviation),(cheluviation),有機的分級などが,酸化作用,還元作用,水和作用などの化学的過程と同じように含まれる[Greenly : 1924, Ollier : 1969].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土壌生成の関連キーワードオートモルフィック集積土壌土壌形成ハイドロモルファス土壌過程非集積土壌エダフィックジオソル土壌の構造ドリフト土壌水和作用