R.E.G. アムンゼン(英語表記)Roald Engelbregt Gravning Amundsen

20世紀西洋人名事典の解説

R.E.G. アムンゼン
Roald Engelbregt Gravning Amundsen


1872.7.16 - 1928.6
ノルウェーの極地探検家,飛行家。
ボーゲ生まれ。
医学を学んだのち、1897年ベルギー南極探検に参加する。1903年からヨーア号で北極海の北西航路樹立に成功し、地磁気調査や民俗学的調査を行う。’11年南極点初到達に成功する。その後、航空機による北極探検を試み、’26年ノルゲ号でスピッツベルゲンから極点を経てアラスカへの横断に成功する。’28年遭難したノビレ隊の捜索に向い、行方不明となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android