コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北極探検 ほっきょくたんけんArctic expeditions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北極探検
ほっきょくたんけん
Arctic expeditions

17世紀以降行なわれた北極海における海洋航路の開発や島々の探検。1607年イギリスのヘンリー・ハドソン北緯 81°48′に到達したのを契機に 1827年イギリスのウィリアム・エドワード・パリーは,そりで北緯 82°45′に到達。1871年アメリカ合衆国のチャールズ・フランシス・ホールは船で北緯 82°11′に達した。1881~83年アメリカのアドルファス・ワシントン・グリーリーは北緯 83°24′に到達。1893~96年ノルウェーのフリチョフ・ナンセンは北緯 86°14′に到達。アメリカのロバート・エドウィン・ピアリーは数回の探検ののち,1909年4月北極点に達した。1925年ノルウェーのロアルド・アムンゼンとアメリカのリンカーン・エルズワースはスピッツベルゲン島から北緯 87°44′まで飛行し,1926年5月12日アムンゼンとエルズワースはイタリアのウンベルト・ノビレとともに飛行船で極点に達し,北極を横断した。その 3日前の 1926年5月9日に飛行機で極点を飛行したと主張したアメリカのリチャード・E.バードは,初の極点飛行家とされてきたが,1996年に発見されたバードの日記から,今日では極点到達が疑問視されている。アメリカの原子力潜水艦『ノーチラス』号(艦長ウィリアム・R.アンダーソン中佐)は 1958年8月に氷の下から北極点に到達,同『スケート』号は 1959年3月初めて極点浮上に成功した。1978年4月に日本大学北極点遠征隊が日本人として初めて極点に到達,その 1日遅れの 1978年4月29日植村直己が世界初の単独到達を果たした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

北極探検の関連キーワードスベルドラップ(Otto Neumann Sverdrup)ロス(Sir James Clark Ross)ニールス・アドルフ・エリック ノルデンショルドジョージ・ワシントン ド・ロングオットー・N. スベルドラップジョージ・J. デュフェックサー・ジョン フランクリンV. ステファンソンロバート ピアリーフランクリン探検隊モリスジェサップ岬サー・ジョン ロスチェリュスキン岬スバールバル諸島ノルデンショルドG. メルヴィルブラッドフォードC.W. ニコルノルデンシェルドH. エッケナー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北極探検の関連情報