RADIUS(読み)らでぃうす

ASCII.jpデジタル用語辞典「RADIUS」の解説

RADIUS

Remote Authentication Dial-In User Serviceの。データベースに収容されたユーザー情報を元に認証、ユーザーの接続許可(または拒否)、課金を行なうためのプロトコル。外部のデータベースからユーザー認証情報を取得することもできる。認証する側が「RADIUSサーバー」、認証要求を出す側が「RADIUSクライアント」と呼ばれるクライアント/サーバーシステムである。文字通り、もともとはダイヤルアップ接続時のユーザー認証プロトコルだったが、最近では無線LANやVPN利用時などにも用途が広がっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「RADIUS」の解説

ラディアス【RADIUS】[remote authentication dial in user service]

remote authentication dial in user service》インターネット接続サービスにおける、利用者の認証と利用状況の記録をサーバー側で一元的に行うためのプロトコル。もとは電話回線を通じたダイヤルアップIP接続のために開発されたもの。常時接続や無線LAN(ラン)などの接続にも広く用いられている。ラディウス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android