RAPP(読み)ラップ

世界大百科事典 第2版の解説

ラップ【RAPP】

ソ連邦の文学団体。正称はロシア・プロレタリア作家協会Rossiiskaya assotsiatsiya proletarskikh pisatelei。1920年に設立されたVAPP(ワツプ)(全ロシア・プロレタリア作家協会Vserossiiskaya assotsiatsiya proletarskikh pisatelei)を前身として,25年1月に発足した。同年6月の《文芸の分野における党の政策について》の共産党中央委員会決議の後,ワルジンらの左派グループは離脱し,アベルバフL.L.Averbakh(アウエルバハとも呼ぶ)を書記長に,理論機関誌《RAPP》,隔週批評誌《文学哨所》を擁して活動した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のRAPPの言及

【プロレタリア文学】より

…24‐25年には,L.D.トロツキー,A.K.ボロンスキーらをまきこんで,党の文芸政策が大きな論争の的になり,25年の党中央委員会決議では,創作分野での〈自由競争〉の原則が打ち出された。しかしその後も,VAPPを引きついだRAPP(ラツプ)(ロシア・プロレタリア作家協会)は,非プロレタリア系作家への政治主義的な攻撃をやめず,世界観偏重の創作方法をかかげたため,32年RAPPその他の文学団体を解散して,全ソビエト作家を単一の作家同盟に結集する方針が打ち出された。以後,〈プロレタリア文学〉ということばは,ソ連ではほとんど使われなくなる。…

【プロレタリア文学】より

…24‐25年には,L.D.トロツキー,A.K.ボロンスキーらをまきこんで,党の文芸政策が大きな論争の的になり,25年の党中央委員会決議では,創作分野での〈自由競争〉の原則が打ち出された。しかしその後も,VAPPを引きついだRAPP(ラツプ)(ロシア・プロレタリア作家協会)は,非プロレタリア系作家への政治主義的な攻撃をやめず,世界観偏重の創作方法をかかげたため,32年RAPPその他の文学団体を解散して,全ソビエト作家を単一の作家同盟に結集する方針が打ち出された。以後,〈プロレタリア文学〉ということばは,ソ連ではほとんど使われなくなる。…

※「RAPP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RAPPの関連情報