コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学団体 ぶんがくだんたい

1件 の用語解説(文学団体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文学団体
ぶんがくだんたい

作家をおもな会員とするものと文学研究者を会員とするものとに分けることができる。前者には,単に会員の親睦をはかるだけのものから,著作権保護など会員の共通の利益の追求をはかるもの,文学賞の授与,作品発表の斡旋などによって会員の創作活動の促進を目指すもの,言論や表現の自由の拡大を通じて一国の文学の向上を目的とするものなど,活動範囲ないし設立の目的によってさまざまの種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文学団体の関連キーワード朱自清鄭振鐸思ひ貶す文学研究会JIMA近藤忠義中国作家協会ロシア・フォルマリズム科学研究者の地位に関する勧告《文学研究者のための書誌学入門》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文学団体の関連情報