コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学団体 ぶんがくだんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文学団体
ぶんがくだんたい

作家をおもな会員とするものと文学研究者を会員とするものとに分けることができる。前者には,単に会員の親睦をはかるだけのものから,著作権保護など会員の共通の利益の追求をはかるもの,文学賞の授与,作品発表の斡旋などによって会員の創作活動の促進を目指すもの,言論や表現の自由の拡大を通じて一国の文学の向上を目的とするものなど,活動範囲ないし設立の目的によってさまざまの種類がある。アカデミー・フランセーズ日本芸術院のように,国家が設立したものもあるが,多くは民間人によって設立されたもので,イギリスのアシニーアム・クラブ,日本文芸家協会などはその例である。また日本の短歌や俳句の結社は,文学団体の小規模な例といえる。他方,ペンクラブのように特定の国家の枠をこえた国際的な組織もある。これら創作家の団体に対して,文学研究者の団体は,日本英文学会のように,ほとんどすべて民間で運営されているものである。近年は国家の枠をこえた活動が盛んに行われるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

文学団体の関連キーワードチーホノフ(Nikolay Semyonovich Tihonov)ラップ(ロシア・プロレタリア作家協会)ピョートル パブレーンコ日本プロレタリア作家同盟ソビエト連邦作家同盟カラオスマンオウルソビエト作家同盟中国左翼作家聯盟F. ミストラル日本文学報国会国際ペンクラブセラピオン兄弟神戸詩人事件新日本文学会ゾシチェンコカメンスキー左翼作家連盟ソ連作家同盟林田 春潮アセーエフ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文学団体の関連情報