コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RNA依存DNAポリメラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

RNA依存DNAポリメラーゼ

 [EC2.7.7.49].逆転写酵素リバーストランスクリプターゼともいう.レトロウイルス粒子中に発見されたDNAポリメラーゼで,このウイルスが増殖するときに一度RNAを鋳型としてDNAを作る場合に働く.現在遺伝子工学で,mRNAを鋳型としてcDNAを作る目的などに汎用されている.リボヌクレアーゼHの活性も併せもっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

RNA依存DNAポリメラーゼの関連キーワードコンプレメンタリーDNAテロメラーゼ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android