コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RNA依存DNAポリメラーゼ

1件 の用語解説(RNA依存DNAポリメラーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

RNA依存DNAポリメラーゼ

 [EC2.7.7.49].逆転写酵素,リバーストランスクリプターゼともいう.レトロウイルス粒子中に発見されたDNAポリメラーゼで,このウイルスが増殖するときに一度RNAを鋳型としてDNAを作る場合に働く.現在遺伝子工学で,mRNAを鋳型としてcDNAを作る目的などに汎用されている.リボヌクレアーゼHの活性も併せもっている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RNA依存DNAポリメラーゼの関連キーワード酵素誘導逆転写酵素偽遺伝子インテグラーゼシーディーエヌエーアデニル酸キナーゼRNA依存RNAポリメラーゼガラクトキナーゼコリンキナーゼUTPヘキソース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone