コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RS-232C あーるえすにさんにしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RS-232C

パソコン本体と、プリンターモデムなどの周辺機器の接続に使用されるシリアルインターフェイス規格。EIAによって制定された。ケーブルの長さは最大15m。当初、最大転送速度を20kbpsと想定して規格化されたが、現在では、最大115.2kbpsでデータを転送できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のRS-232Cの言及

【入出力装置】より

…入出力インターフェースには,パソコンだけをとっても,次のように多数のものがある。主にパソコンの内部と外部とのインターフェースとして,RS-232C,USB,IEEE1394,10Base-T,MIDIなどのシリアルインターフェース,セントロニクス,SCSIなどのパラレルインターフェース,赤外線無線通信のためのIrDAなどがある。また,パソコン内部に装着する周辺装置のためのインターフェースとして,PCI,ISA,PCMCIA,IDEなどがある。…

※「RS-232C」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

RS-232Cの関連キーワードデジタルマルチメーター入出力インターフェイスターミナルアダプターターミナルサーバーターミナルアダプタキャリアディテクトOSI階層モデルシリアルポートピンコネクターモデムポートRSRSマザーボードKERMITデータポートシリアル転送USARTBSC

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android