RSA SecurID ソフトウェアトークン(読み)あーるえすえーせきゅあーあいでぃーそふとうぇあとーくん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RSA SecurID ソフトウェアトークン

米RSA Security社の開発したワンタイムパスワード自動生成ソフト。ユーザーがファイルなどのデータにアクセスすると、自動的にワンタイムパスワードが生成されて表示される。それを正しく入力すると、アクセスが許可される仕組みとなっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android