コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンタイムパスワード ワンタイム パスワード

4件 の用語解説(ワンタイムパスワードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワンタイムパスワード

一度限りしか使えないパスワードを生成することで、パスワード認証の弱点を克服した認証方式。略して「OTP」という。従来のパスワード認証は、ひとたびパスワードが盗まれてしまうと簡単にセキュリティーを破られてしまうという弱点があった。ワンタイムパスワードは、使い捨てのパスワードを生成する「トークン」と、認証のための認証サーバーで構成される。認証方式は、乱数を利用する「チャレンジレスポンス方式」と、トークンと認証サーバーが生成前のデータを同期させる「同期方式」がある。パスワードを盗まれても、同じパスワードでは二度とアクセスできないため、セキュリティー強度は高い。オンラインバンキングや、オンラインゲームのユーザー認証に取り入れられている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワンタイム‐パスワード(one-time password)

一度しか使えない、使い捨てのパスワード。また、それを用いた認証技術。外部のコンピューターからネットワークを通じてリモートアクセスしたり、インターネットバンキングで取引をしたりする際などに使用される。OTP。ワンタイムPW。ワンタイムキーワンタイム認証

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

情報セキュリティ用語辞典の解説

ワンタイムパスワード

時間などを基に生成される1度しか使えないパスワードのこと。パスワードが盗まれても同じパスワードは1度しか使用できないためセキュリティに優れている。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
情報セキュリティ用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワンタイムパスワード
わんたいむぱすわーど
one time password

一度しか使えないパスワードのこと。使い捨てパスワードともよばれる。おもにインターネット上の認証システムで使われる。利用するたびにパスワードが変更されるため、パスワードの盗用などによる不正なアクセスがしにくくなり、安全性を高めることができる。
 代表的な技術として、タイムスタンプ方式がある。利用者に配布されたトークンとよばれるパスワード生成機のディスプレーに、時とともに変化するパスワードが表示され、このパスワードを利用者が入力すると、パスワード、アクセス時刻、トークンの番号が照合されて認証が行われる。利用者と認証する側の間で時刻を同期させる必要があるため、時刻同期方式ともよばれる。
 ワンタイムパスワードは、セキュリティを重視するインターネット銀行などのユーザー認証や、法人向けネットワーク構築などでの利用が多い。またPDAや携帯電話で利用できる方法も登場し、その裾野(すその)を広げている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のワンタイムパスワードの言及

【情報セキュリティ】より

…通信路が暗号化されるため,遠隔のマシンにログインするときに使用するパスワードがネットワークの途中で盗聴され盗まれるといったことを防ぐことができる。
[ワンタイムパスワードOne Time Password(OTP)]
 ここまでは,データを暗号化することによって守ってきた。しかし,守るべき情報の特性を活かすことによって,必ずしも暗号化を必要としないものもある。…

※「ワンタイムパスワード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワンタイムパスワードの関連情報