コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SH-AWD

日本の自動車技術240選の解説

SH-AWD

1992年にDYC(Direct Yaw moment Control)の考え方,および線形から非線形まで車両の運動性能を評価できる新しい解析方法であるβ-メソッドを発表した。1996年には, この考え方に基づき,前輪駆動車の駆動力を左右に制御配分するATTS(Active Torque Transfer System) を開発しプレリュードに搭載した。これにより、ATTSによるヨーモーメントの直接制御は,旋回加減速時における車両挙動変化の抑制および旋回限界向上に限界を含めた非線形領域まで有効であることを確認した.新型車に搭載された世界初の四輪駆動力自在制御システムドライバの運転操作や走行状態から最適な前後左右の駆動力配分を判断し,前後配分を30対70から70対30,後輪左右配分を0対100から100対0まで 無段階制御.あらゆる走行状態において四輪それぞれタイヤの能力を最大限引き出し,駆動力を走行加速のためだけでなく,曲がる性能である操縦安定性にも活用すること,運動性能をこれまでにないレベルに引き上げることができる。保管場所(株)本田技術研究所 四輪開発センター
製作(製造)年2005
製作者(社)本田技研工業株式会社
資料の種類設計図・文献
現状保存・非公開
型式名DBA-KB1
会社名本田技研工業株式会社
適用車種05年 新型レジェンド
製作開始年2003
実用化年2004
変速数電子制御5速オートマチック(5ポジション)+シーケンシャル モード
変速比(前進)1速2.697/2速1.572/3速1.071/4速0.729/5速0.530/後退1.88前/後 4.375/3.375
操作方式電子制御5速オートマチック(Sマチック)
エピソード・話題性四輪駆動車の前輪と後輪間の駆動力配分と後輪左右輪間の駆動力を同時に配分制御し車両のヨー運動を直接制御するDYC(Direct Yaw Control)System(商品名SH-AWD)を開発した

出典|社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について | 情報

SH-AWDの関連キーワードFahrenheitスペースシャトル飛行記録Super Audio CDDD 取引Miitopia心霊現象クラーク(Larry Clark)近藤芳美ドイツ統一バージン・グループ