コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SS-20 エスエスにじゅう SS-20 mobile missile

1件 の用語解説(SS-20の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SS-20
エスエスにじゅう
SS-20 mobile missile

ソビエト連邦が 1977年に配備を開始した中距離弾道ミサイル IRBM。開発中止となった 3段式ミサイル SS-16を 2段式にしたもので,12輪式移動発射機に搭載される。ヨーロッパ主要部を射程内に収めることから同地域の核バランスを崩すものとしてソ連とアメリカ合衆国,ヨーロッパの間で大きな政治問題となり,アメリカは対抗措置としてパーシングIIミサイルと地上発射式巡航ミサイルをヨーロッパに配備した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SS-20の関連キーワードソビエトロシアソビエト連邦共産党ソビエト連邦憲法ソビエト演劇ソビエト美術ソビエト連邦海軍アカデミーソビエト連邦国防人民委員部ソビエト連邦最高裁判所ソビエト連邦電報通信社ソビエト連邦民族舞踊団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

SS-20の関連情報