コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SS-20 エスエスにじゅうSS-20 mobile missile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SS-20
エスエスにじゅう
SS-20 mobile missile

ソビエト連邦が 1977年に配備を開始した中距離弾道ミサイル IRBM。開発中止となった 3段式ミサイル SS-16を 2段式にしたもので,12輪式移動発射機に搭載される。ヨーロッパ主要部を射程内に収めることから同地域の核バランスを崩すものとしてソ連とアメリカ合衆国,ヨーロッパの間で大きな政治問題となり,アメリカは対抗措置としてパーシングIIミサイルと地上発射式巡航ミサイルをヨーロッパに配備した。しかし 1987年12月に米ソ間で中距離核戦力全廃条約が調印され,SS-20は 1991年6月までに全廃された。2型の主要目は,射程 5000km,全長約 17m,直径 2m,推進方式固体燃料,弾頭威力 MIRV 150kt×3,半数必中界 CEP 400m。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

SS-20の関連キーワード戦略兵器削減交渉ソビエト連邦SS軍事技術SSM

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SS-20の関連情報