コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SWAP

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SWAP

Compaq Computer、HP、IBM、Intel、Microsoftなどから構成されるHome Radio Frequency Working Group(HRFWG)が標準化を行なっている、家庭環境で使用するための無線通信の規格。最大で127のデバイスを接続してネットワークを構築できる。データと音声が扱え、PCやコンピューター関連のデバイスのほか、電話や家電製品の接続をサポートしており、複数チャンネルの音声通話や、インターネット接続が可能。照明やエアコンなどの家電品の制御も行なうことができる。技術的には、現在の携帯電話と無線LANの延長線上にあり、音声通信部は欧州のコードレスホンの規格DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)が、データ通信部は無線LAN規格であるIEEE 802.11がもととなる。無線通信は、2400MHz帯を使用し、通信速度は1M~2Mbps。通信のセキュリティーにはBlowfish方式を採用し、40bitの秘密鍵を使用、データはLZRW3-A方式で圧縮して転送する。音声通信は全2重で同時に6チャンネルまで使用できるが、音声を扱う際には、公衆回線との接続や、途切れなく音声を流すために、ネットワーク全体を制御するConnection Pointを設置する必要がある。通信方式は、音声通信とデータ通信で異なり、リアルタイム性が重視される音声については、時分割方式のTDMA(Time Division Multiple Access)を、データ通信には、高速パケット通信用のCSMA/CA(Carrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance)を採用する。SWAPの規格は、今秋にリリースが予定されており、1999年の第2四半期にはSWAP準拠の製品が出荷されることが見込まれている。この規格についてのより詳しい情報は、HRFWGの[[WebサイトHRFWGの[[Webサイト]HRFWGの[[Webサイト]]

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

SWAPの関連キーワードクレジット・デフォルト・スワップヒフィケプニェ ポハンバサム・ダニエル ヌジョマデットエクイティスワップクレジット・デリバティブ南西アフリカ人民機構金融デリバティブ2.4GHz帯リザ ブラントS. ヌジョマ冷戦交換ゲームナミビア問題為替先物取引スワップ協定環境スワップスワップ取引顔交換アプリオワンボナミビアヌジョマ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SWAPの関連情報