コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Storage Area Network すとれーじえりあねっとわーく

1件 の用語解説(Storage Area Networkの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Storage Area Network

ストレージ(記憶装置)をつなぐネットワークLANに対しSAN呼ばれる。SANのメリットは、ひとつは、部門ごとに設置されたストレージを集約し、集中管理できる点。部門ごとに装置を導入する必要がなくなり、また、余剰の記憶スペースも集約できるため、無駄なく資源を活用できる。もうひとつのメリットは、専用のネットワークを構築するため、ストレージ-サーバー間のトラフィックをLANから除外できる点。同時に、SANは外部と直接接続されることはないため、セキュリティーの向上も期待できる。物理的には、LANとは異なり、ファイバーチャネルやiSCSIといった物理層、プロトコルで構築されることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Storage Area Networkの関連キーワードSANネットワークストレージネットワーキング磁心記憶装置社会的ネットワークストレージエリアネットワークストレージブレードネットワーク接続ストレージリモートストレージローカルストレージ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone