コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TOPプログラム TOPぷろぐらむ/とっぷぷろぐらむ/てぃーおーぴーぷろぐらむ The Olympic Partner Programme

1件 の用語解説(TOPプログラムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

TOPプログラム

IOCが展開する、国際マーケティングプログラム。1業種1企業がTOPスポンサーに認定される。認定には、オリンピックムーブメントに対する貢献度が問われる。具体的には金銭的な支援のほか、大会への商品の提供や技術援助など。認定されると、五輪のロゴマークなどを自社の広告に掲載することができる。五輪のスポンサーシップ中、企業が参加できる最高レベルのもので、1985年に始められた。これに該当する85〜88年の協賛企業をTOPI、89〜92年をTOPIIと呼び、オリンピアードの4年間ごとにIOCと契約する。2005〜08年まではTOPVIとなり、スポンサー料は総額約8.6億ドル(950億円)と言われる。IOCの資金集めには十分効果を発揮しているが、協賛金の額が高騰しつつあり制度の存続を危ぶむ声もある。TOPVIのスポンサーは全部で12社。スポンサー会社を近年はワールドワイドパートナーとも呼ぶ。

(真田久 筑波大学准教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TOPプログラムの関連キーワードネットマーケティングミクロ・マーケティング地域別マーケティング個別マーケティング支援マーケティング・プログラムグローバルマーケティングソーシャルマーケティングマーケティングツールマーケティングミックスマルチドメスティックマーケティング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TOPプログラムの関連情報