コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WHO方式癌疼痛治療法 ダブリュエイチオーほうしきがんとうつうちりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

WHO方式癌疼痛治療法
ダブリュエイチオーほうしきがんとうつうちりょうほう

癌患者の疼痛をやわらげるための治療法。 1986年,WHOが発表した指針に基づくもので,使用する薬剤は非麻薬系鎮痛剤 (アスピリンなど) ,弱作用麻薬 (コデイン) ,強作用麻薬 (モルヒネ) 。治療の基本方針は,(1) なるべく簡単な方法で投与する (経口薬,坐薬,注射の順に選択) ,(2) 少量から開始し,少しずつ増量して痛みの消失に必要な量に達する,(3) まず,非麻薬系鎮痛剤から始め,効力にしたがって弱作用麻薬,強作用麻薬と段階的に薬を変えていく,(4) 投与は時刻を決めて規則正しく行う,など。どのような患者にも対応でき,また,いかなる地域のそれぞれの科の医師でも実施できる利点があり,しかも有効率の高い方法として普及しはじめている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android