コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坐薬 ざやくsuppository

翻訳|suppository

2件 の用語解説(坐薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坐薬
ざやく
suppository

薬剤 (製剤) を剤形によって分類したときの一つ。薬局方によれば坐剤。肛門,腟,尿道などに挿入し,体温によって融解して薬効を発揮させるようにした製剤である。解熱剤抗生物質鎮咳剤,鎮痛剤,痔疾剤,抗けいれん剤などとして用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坐薬
ざやく

医薬品を基剤と混合して一定の形に成形し、肛門(こうもん)、腟(ちつ)、尿道に挿入する固形の外用剤。坐剤。基剤としては、体温で融解して薬物を放出するカカオ脂やウィテップゾールなどの油脂性のものと、体液で徐々に溶解して薬物を放出するグリセロゼラチンやマクロゴールなどの水溶性のものがある。尿道坐薬はほとんど使用されなくなり、また、腟坐薬は腟錠にとってかわられたといってよい。したがって坐薬の主流は肛門坐薬であり、これにはゼラチンの軟カプセルを用いたものまで出現している。肛門坐薬は円錐(えんすい)形または紡錘形で、肛門に挿入しやすい形になっている。これには、痔疾(じしつ)の治療や便秘の治療のための局所作用を利用したものと、直腸から薬物を吸収させてその全身作用を利用する解熱鎮痛剤、鎮静剤、化学療法剤などがある。ロートエキス・タンニン坐剤、複方ロートエキス・タンニン坐剤や局所麻酔剤、収斂(しゅうれん)剤、副腎(ふくじん)皮質ホルモン含有の痔疾用坐薬、浣腸(かんちょう)用グリセリン坐薬などは局所作用を利用したものである。全身作用を利用したものにはインドメタシン坐薬、スルピリン坐薬、アミノピリン坐薬、アミノフィリン坐薬などがある。徐々にではあるが、全身作用を利用した坐薬の使用が増加している。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坐薬の関連情報