コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X%ルール エックスパーセントルールX-percent rule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X%ルール
エックスパーセントルール
X-percent rule

M.フリードマンによって主張された貨幣政策の方式のことで,貨幣供給量 (マネーサプライ) をその流通速度の変化を考慮した上で,労働の完全雇用に対応する自然成長率に等しい率 (X%) で増加させるべきである,という考え方である。この主張の背後にある基本的考え方は,経済には自動的に完全雇用を実現する調整力が存在しておりX%ルールに従って貨幣供給を行なえば,労働の完全雇用と物価水準の安定とが同時に実現できるところにある。アメリカFRB (連邦準備理事会) がマネーサプライ増加率の目標を公表するのも,この考え方に基づくものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone