コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線観測衛星 エックスせんかんそくえいせいsatellite for X-ray observation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X線観測衛星
エックスせんかんそくえいせい
satellite for X-ray observation

宇宙からくる X線を検出するためにつくられた人工衛星。地球大気は X線を通さないので,宇宙X線を検出するにはロケット,気球,人工衛星を利用して大気圏外に出る必要がある。長期間にわたって X線を観測するには人工衛星が最適で,X線観測用に多くの人工衛星が打ち上げられた。X線観測衛星は,X線源の方向を知り撮像する X線カメラ,X線のエネルギー分布を測定するスペクトル計,衛星の姿勢を知るためのセンサ,送信器および太陽電池などからできている。X線天文学に画期的な進歩をもたらした衛星は 1970年に打ち上げられた『ウフル』Uhuruで,161個の X線源を見つけ出し,X線源の多くが中性子星ブラックホールを一員とする近接連星であること,また,電波銀河やクエーサー銀河団が X線を放出していることなどを明らかにした。X線新星や X線バーストの存在も明らかになった。アメリカ合衆国が 1979年に打ち上げたアインシュタインX線天文台は画期的な撮像データをもたらした。日本では 1979年に衛星『はくちょう』が打ち上げられ,多くの X線バースターを見つけた。その後も『すざく』など多数の X線観測衛星が打ち上げられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

X線観測衛星の関連キーワードチャンドラセカールR. ジャコーニジャコーニアルゴル早川幸男望遠鏡超新星

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android