Xperia Z Ultra(読み)えくすぺりあぜっとうるとら

知恵蔵の解説

Xperia Z Ultra

2013年6月25日に、ソニーモバイルコミュニケーションズ社が発表した大型のスマートフォン。タブレットとスマートフォンの中間のサイズのため、「ファブレット(phablet)」と呼ばれる製品である。国内では、14年1月25日からauより発売される予定。米国の「Google Play Store」など一部のサイトでも、SIMフリー版の購入が可能。
13年10月にドコモやauから発売された「Xperia Z1」のサイズは、144×74ミリで、ディスプレイが約5インチと、従来のスマートフォンの中でも比較的大きなタイプだが、Xperia Z Ultraのサイズは更に大きく、179×92ミリで、フルHD表示(1080×1920ピクセル)が可能な約6.4インチの大型ディスプレイを採用している。
発表当初のOS(基本ソフト)は、Android 4.2だが、4.3にアップデート可能。Google Play Storeの製品は4.4を搭載している。CPU(中央演算処理装置)は、米クアルコム(Qualcomm)社のクアッドコア2.2ギガヘルツで、後発のZ1やZ1fと同じ。その他、約810万画素のオートフォーカスカメラや防水・防塵機能、Wi-Fi(2.4GHz/5GHz、802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth4.0、近距離無線通信の国際規格であるNFC(Near Field Communication)などを搭載している。
なお、Z Ultraでは、専用のスタイラスペンでの入力が可能な他に、市販のペンや鉛筆の利用もできる。Z Ultraに出荷時からインストールされている「スケッチ」アプリなどで、ペン入力によるメモを残したり、「クリップマネージャー」機能で、画面の一部を切り取って、スケッチに貼り付けることもできるため、ファブレットをペン入力主体で、手帳のように使いたいというユーザーのニーズに十分応えられる製品となっている。

(横田一輝  ICTディレクター / 2014年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android