コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

YouTube ユーチューブ

5件 の用語解説(YouTubeの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

YouTube

無料で利用できる動画共有の代表的なサイト。2005年に米国で設立され、2006年にグーグル社に買収された。日本語版は2007年に開始した。YouTubeでは、ユーザーがアップロードした動画を誰でも無料で閲覧できる。著作権の侵害になるファイルのアップロードは利用規約で禁止されているが、実際には世界中の違法コンテンツが投稿されており、コンテンツホルダーから訴訟されている。一方で、BBCMGMCBSらのように公式に映像を配信する流れもあり、かつての違法映像ばかりというイメージは払拭されつつある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

YouTube

米YouTube社が運営する動画共有サービス。2005年2月にサービス開始。無料で利用できる。もともとは個人が撮影・作成した面白い映像を共有して楽しむために作られたサービスだが、テレビDVDなどから集めた映像が、著作権に違反した形で公開されていることも多い。2ちゃんねるブログなどで、話題となっているニュースドラマアニメ番組などがすぐに見られる場として紹介され、日本からのアクセスが急増している。映像の著作者側から削除要請があればすぐに削除が行われるが、利用者がすぐに再アップロードを行うため、いたちごっこの状態となっている。一方で、YouTubeに対する注目度を重視し、プロモーションビデオやCMビデオを公開するなど、商業的に利用する動きも広まってきている。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

YouTube

利用者が投稿(アップロード)した動画を他者が視聴して楽しむ無料の動画共有サービスの人気サイトです。現在はサービスを買収したグーグルによって運営されています。テレビ番組や市販のビデオなどをそのまま投稿する不正行為の温床ともなるため、テレビ局や映画会社等からは敵視されてきましたが、現在は対策が整備されてきたこともあり、そうした企業から正式な番組の提供を受けたり、プロモーションに利用されることも増えました。
⇨Ustream、アップロード、
ニコニコ動画

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

YouTube【ユーチューブ】

2005年に設立されたアメリカインターネット動画配信サイト。誰でも動画を簡単にアップロードし共有できるためインターネット利用の拡大とともに急速に普及,2006年検索サイト最大手のグーグルが買収したことによって,既存の放送メディアやコンテンツプロバイダーからの配信を受けることになり,爆発的に拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

YouTube
ゆーちゅーぶ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

YouTubeの関連キーワード動画共有サイト投稿ニコニコ動画コンテンツ・スポンサー活動ユーチューブニコニコ生放送GyaO!ストアグーグルアドワーズ動画共有サービスUGC

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

YouTubeの関連情報