コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

sRGB えすあーるじーびー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

sRGB

米Hewlett-Packard社とマイクロソフトが提唱する新しいカラーモデルのこと。Windows 98以降で採用されている。これまでのRGBでは、インターネット経由でのデータの受け渡しを行う際に、ICCプロファイルを埋め込んだ画像ファイルを送信できなかったり、ICCプロファイルを埋め込めない画像フォーマットなどがあったりした。そのため、改善方法として開発されたのがsRGBである。このsRGBによりあらゆるデバイス間でのカラーマッチングが可能となった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

sRGB

色をR(赤)、G(緑)、B(青)の3色の光を組み合わせて表現する「RGB」方式で、機種の違いに関わらず同じ色を表現するための国際標準規格の名称です。sRGBの「s」は「標準(standard)」の略です。ソフト、ディスプレイ、プリンタ、デジタルカメラなどがsRGB対応であれば、撮影した写真を画面で見た色で印刷できます。非対応の場合、画像のデータが同じでも、機器の特性によって画面の表示と印刷で色合いが異なるなど、違いが出てしまいます。
⇨CMYK、RGB

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

sRGB

 IEC(国際電気標準会議)が策定した色空間の国際標準規格。CRTディスプレイの色表現をベースに策定された規格。デジタルカメラやプリンタ、モニタなど多くのPC用周辺機器では、このsRGBに則った色調整を行うことで、入力と出力時の色の差異を極力少なくしている。sRGBの色空間は Apple RGBAdobe RGB に比べて狭い。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

sRGB
エスアールジービー
standard RGB

1998年に国際電気標準会議 IECが策定した色空間の国際基準。デジタルカメラやパーソナルコンピュータディスプレイ,プリンタなどの機器による色の違いをなくし,一貫した色管理が行なえるようにしている。ブラウン管CRTディスプレイが再現できる色の範囲をベースに決められた。今日でもデジタルカメラやインターネットでよく使われている。ただし再現できる色の幅は狭く,エメラルドグリーンや明るい赤などは再現できない。そのため商用印刷では,アドビシステムズが 1998年に策定した sRGBより広い色空間をもつ Adobe RGBを使うことが多い。また一般向けにも,Adobe RGBに対応したパソコンディスプレイやプリンタが登場し,デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使用するハイアマチュア写真家にも Adobe RGBが浸透してきている。多くのデジタル一眼レフやミラーレス一眼は,sRGBと Adobe RGBが選択できる。また RAWで撮影してあれば,現像(RAW現像)の際に選択することも可能。(→RGB

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

sRGBの関連キーワードAdobeRGBアドビRGBsYCC

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android