Υ粒子/ウプシロン粒子(読み)ウプシロンリュウシ

デジタル大辞泉の解説

ウプシロン‐りゅうし〔‐リフシ〕【Υ粒子/ウプシロン粒子】

《「ユプシロン粒子」とも》ボトムクオークとその反クオークからなる素粒子中間子であるボトモニウムの一。質量は陽子の約10.1倍、電荷スピンともに0。極めて短い寿命で、電子、μ(ミュー)粒子τ(タウ)粒子などのレプトンの対に崩壊する。1977年、米国のフェルミ研究所でL=レーダーマンらにより発見され、ボトムクオークの存在が初めて立証された。ウプシロン中間子。ユプシロン中間子。

ユプシロン‐りゅうし〔‐リフシ〕【Υ粒子/ユプシロン粒子】

Υ粒子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android