コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α‐ケトグルタル酸 アルファケトグルタルさんα‐ketoglutaric acid

世界大百科事典 第2版の解説

アルファケトグルタルさん【α‐ケトグルタル酸 α‐ketoglutaric acid】

化学式HOOCCOCH2CH2COOH。クエン酸回路(細胞の好気的呼吸)の一員であり,ミトコンドリアに局在するイソクエン酸デヒドロゲナーゼによってイソクエン酸が酸化的脱炭酸されることにより生成する。またグルタミン酸とも関係深い代表的α‐ケト酸で,グルタミン酸の酸化的脱アミノ反応によっても生成する。種々のアミノ基転移反応におけるアミノ基受容体(レセプター)として重要な役割を果たす。シュードモナス(緑膿(りよくのう)菌),霊菌などの発酵では,ブドウ糖から大量にα‐ケトグルタル酸がつくられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

α‐ケトグルタル酸の関連キーワード2エネルギー代謝阻害剤コカルボキシラーゼケト酸脱水素酵素γ‐アミノ酪酸TCA回路コハク酸転移酵素オキソ酸物質代謝窒素同化補酵素リジンリポ酸代謝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android