α‐ケトグルタル酸(読み)アルファケトグルタルさん(英語表記)α‐ketoglutaric acid

世界大百科事典 第2版の解説

アルファケトグルタルさん【α‐ケトグルタル酸 α‐ketoglutaric acid】

化学式HOOCCOCH2CH2COOH。クエン酸回路(細胞の好気的呼吸)の一員であり,ミトコンドリアに局在するイソクエン酸デヒドロゲナーゼによってイソクエン酸が酸化的脱炭酸されることにより生成する。またグルタミン酸とも関係深い代表的α‐ケト酸で,グルタミン酸の酸化的脱アミノ反応によっても生成する。種々のアミノ基転移反応におけるアミノ基受容体(レセプター)として重要な役割を果たす。シュードモナス(緑膿(りよくのう)菌),霊菌などの発酵では,ブドウ糖から大量にα‐ケトグルタル酸がつくられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android