コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊菌 レイキン

百科事典マイペディアの解説

霊菌【れいきん】

長さ0.7〜1.0μmのグラム陰性短杆(かん)菌で,真紅の色素プロジギオシンを産生。病原性はない。動物性・植物性食品上に増殖し,集落が赤い斑点となる。それはキリストの血がしたたり落ちたためとして,霊菌という名称を得たといわれる。
→関連項目日和見感染症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいきん【霊菌 Serratia marcescens】

腸内細菌科のセラチア属に属する細菌の1種。グラム陰性で,好気性ないし通性嫌気性の小型の杆菌。長さ0.7~1.0μm,幅およそ0.7μmで,ほぼ球形に近い。周毛性鞭毛をもち,運動性を有する。病原性はない。色素産生菌であり,真紅の色素プロジギオシンを産生し,培地上に赤色の集落をつくる。霊菌は,自然界に広く分布しており,動物性食品,植物性食品に生える。パンなどのデンプン質の食品上で増殖すると赤い斑点をつくることから,キリストの血のしたたりにみたてて,霊菌と名づけられたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れいきん【霊菌】

細菌類の一種。水中・土壌中などいたる所にいて、食品にも生える。体は短い桿かん状で、グラム陰性。好気的条件で紅色の色素を生産するものがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の霊菌の言及

【菌交代現象】より

… 菌交代現象や菌交代症の発生機序を考えるとき,微生物,宿主(ヒト),薬剤および環境の4因子を検討するのが便利である。微生物すなわち耐性菌は抗生物質の発達に伴い時代とともに当然変化するが,現在ではグラム陰性杆菌,とくに緑膿菌,およびその類縁菌,霊菌,カンジダなどが重視されている。宿主側では,3歳以下および60歳以上により多く,基礎疾患や感染防御力の低下があると起こりやすい。…

※「霊菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

霊菌の関連キーワードα‐ケトグルタル酸グラム陰性菌日和見感染突然変異細菌類桿菌水中紅色