コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケト酸 ケトさんketo acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケト酸
ケトさん
keto acid

ケトン酸,ケトカルボン酸ともいう。1分子中にケトンカルボニル基カルボキシル基を含む酸の総称。一般式 R(CH2)nCO(CH2)mCOOH 。カルボキシル基の隣にケト基のあるものをα-ケト酸といい,ケト基がカルボキシル基から遠ざかるに従って,β-,γ-,…と命名する。ケトンとカルボン酸の両方の性質をもつ。α-ケト酸は生化学上重要であり,β-ケト酸は合成化学上重要である。ケト基を還元することによって対応するカルボン酸が生成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ケト酸【ケトさん】

ケトン酸とも。ケトンのカルボニル基>COとカルボキシル基−COOHを含む有機化合物をいう。ピルビン酸CH3COCOOH,アセト酢酸CH3COCH2COOHなど。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケトさん【ケト酸 keto‐acid】

カルボニル基C=Oとカルボキシル基-COOHの両方をもつ化合物の総称。ケトン酸ketonic acid,ケトカルボン酸keto‐carboxylic acidともいう。両官能基が直接結合しているものをα‐ケト酸といい,これらの相対位置が離れるにしたがってβ‐,γ‐,δ‐ケト酸という。いずれもケトンとカルボニルの性質を兼ね備えていて,ケトンとしてカルボニル試薬と反応し,カルボン酸として塩,エステル,アミド,酸塩化物などをつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケト酸
けとさん
ketonic acid

同一分子中にケトンのカルボニル基Oとカルボキシ基(カルボキシル基)-COOHの両方をもつ化合物の総称。ケトン酸、ケトカルボン酸ともいう。カルボニル基とカルボキシ基の相対的な位置関係により分類することができ、カルボニル基とカルボキシ基とが直接結合しているものをα(アルファ)-ケト酸、これらの基が1個の炭素原子により隔てられているものをβ(ベータ)-ケト酸、2個、3個……の炭素原子に隔てられているものをγ(ガンマ)-ケト酸、δ(デルタ)-ケト酸……と区別している。β-ケト酸は不安定で、分解してケトンと二酸化炭素になる。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケト酸の言及

【カルボン酸】より

…分子内に環式構造をもたない鎖式のモノカルボン酸を脂肪酸という。カルボキシル基以外に水酸基-OH,アミノ基-NH2,カルボニル基C=O等をもつものをそれぞれヒドロキシ酸(オキシカルボン酸,オキシ酸ともいう),アミノ酸ケト酸などと呼ぶ。カルボン酸のなかには古くから知られているものが多いために,ギ(蟻)酸,酢酸,安息香酸と慣用名で呼ばれるものが多いが,複雑なものについては組織的命名法である国際命名法(IUPAC命名法)が用いられている。…

※「ケト酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケト酸の関連キーワードメープルシロップ尿症(楓糖尿病)メープルカエデシロップ病メープルシロップ尿症ヒドロキシカルボン酸メラニン生合成阻害剤カエデシロップ尿症α‐ケトグルタル酸クネフェナゲル縮合トランスアミナーゼケトアシドーシスアセト酢酸エチルチアミン二リン酸分枝2ケトグルタル酸マイケル反応グルタミン酸オキサロ酢酸カルボキシ基アセト酢酸プレログ則

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android