コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

βメラノトロピン

栄養・生化学辞典の解説

βメラノトロピン

 DEGPYKMEHFRWGSPPKD(ブタ,ヒツジ)の構造をもつペプチドホルモン.N末端はアセチル化されていることが多く,C末端はアミド.βメラニン細胞刺激ホルモンともいう.ブタ,ヒツジでは分子量2176.下垂体で合成分泌される.前駆体であるプロオピオメラノコルチンがプロセッシングされて生成する.脂肪細胞の脂肪分解を促進するなどエネルギー代謝を促進する作用がある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

βメラノトロピンの関連キーワードメラノサイト刺激ホルモン色素細胞刺激ホルモン下垂体ホルモンインテルメジン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android