コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

σ電子 シグマでんし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

σ電子
しぐまでんし
σ-electron

二つの原子を結合させている電子の分類の一つ。ほかにπ(パイ)電子がある。化学結合ができるとき、少なくとも二つの電子が必要であるが、これに関与する電子がどのような状態にあるかによって結合の状態を区別する。分子軌道法の表示に従えば、結合軌道を示す波動関数が、結合の軸に対する角運動量成分をもたないとき、σ結合といい、これを成立させる電子をσ電子という。たとえば、水素分子においては二つの水素原子の1s電子が二つの原子核間に存在するが、1s電子は球対称であり、結合軸からみた角運動量成分はゼロである。一般に単結合はσ電子からなる。なお、多重結合における第一の結合もσ電子からなる。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

σ電子の関連キーワードエレクトロニックシグネチャーエレクトロニックガバメントエレクトロニックコマース走査型透過電子顕微鏡エレクトロメリー効果eメールクライアント電子掲示板システムメールクライアントデジタルキャッシュオンライン商取引走査型電子顕微鏡ブレティンボードeメールソフトメールボックス電子キャッシュデジタル証明書ポストオフィスeガバメント非共有電子対電子伝達体

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android