コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

σ結合 シグマけつごうσ-bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

σ結合
シグマけつごう
σ-bond

σ 電子による共有結合。共有結合にあずかる電子には σ 電子と π 電子があり,σ 電子は結合軸のまわりに対称な電子軌道関数をもつ。そのため結合軸のまわりの回転が自由である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シグマ‐けつごう〔‐ケツガフ〕【σ結合/シグマ結合】

共有結合の形式の一。2個の原子の間の結合軸に結合電子が分布している結合。このときの結合電子をσ電子、入っている軌道をσ軌道という。→π(パイ)結合

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シグマけつごう【σ結合】

二個のシグマ電子から成る電子対を、二個の原子が共有することによって形成される化学結合。単結合は σ 結合である。 → パイ結合

σ結合

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

σ結合
しぐまけつごう
σ-bond

化学結合を分子軌道理論から区別して表現した結合の分類の一つ。ほかにπ(パイ)結合、δ(デルタ)結合がある。化学結合は少なくとも二つの電子がその分布を重ね合わせて成立する。電子の重なり合いは、その結合軸からみて、どのような対称性をもつかを区別する。これを角運動量成分Λ(ラムダ)で表し、Λが0、1、2に対してσ、π、δと表す。結合に関与する電子が、s電子どうし、px電子(x軸が分子軸)どうしであるとき、または、s電子とpx電子、s電子とdz2z軸が分子軸)のような例がある。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のσ結合の言及

【化学結合】より

…このような軌道を混成軌道と呼び,今の場合はsp3軌道と記す(図3参照)。こうしてできた結合は結合軸のまわりに対称的になり,σ結合と呼ばれる。ベンゼンの場合は,s軌道と2個のp軌道から平面内に120度の角をなして伸びるsp2軌道を3個つくることができ,残ったp軌道はこの面に垂直方向に伸びることになり,おのおのに1個ずつの電子を収容する。…

※「σ結合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

σ結合の関連キーワードステロイド結合タンパク質ホスホジエステル結合アロステリック効果複合タンパク質アクシアル結合求電子置換反応不飽和炭化水素酵素加水分解共役二重結合エーテル結合共有電子対ナイトレン飽和化合物不飽和結合結合法則回転異性二重結合原子半径水素結合結合回路

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android