コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「井真成(せいしんせい)」墓誌 せいしんせいぼし

1件 の用語解説(「井真成(せいしんせい)」墓誌の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

「井真成(せいしんせい)」墓誌

2004年10月、中国・西安の西北大学博物館が、717年の遣唐使とともに唐へ渡ったらしい日本人留学生「井真成」の墓誌を発見したと発表。翌年には愛知万博(愛・地球博)の会場など全国で公開され、冷え込んだ日中関係の中で明るい話題となった。真成の姓「井」については、いずれも河内(現在の大阪府)を根拠地とする渡来系氏族の井上氏、葛井氏の1字を取ったのでは、という説が有力。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

「井真成(せいしんせい)」墓誌の関連キーワード鎬京長安東北大学半坡遺跡終南山西北田原柏梁台埴安の池

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone