コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上氏(読み)いのうえうじ

世界大百科事典 第2版の解説

いのうえうじ【井上氏】

近世大名。三河国の出身。正就は徳川秀忠につかえ,1615年(元和1)1万石を領し,22年遠江横須賀5万2500石となり,老中に昇進。その後幕末までの間に十数度の転封を繰り返すが,常陸笠間(1645‐92,1702‐47)と遠江浜松(1758‐1817,45‐68)の領有期間が比較的長かった。1868年(明治1)以降は上総鶴舞移封分知加増により石高の増減があったが,1718年(享保3)正岑(まさみね)のとき,6万石に加増,以後幕末に至る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上氏
いのうえうじ

江戸時代の譜代大名。清和源氏掃部助(かもんのすけ)頼季(よりすえ)の後裔(こうえい)とするも不明。確実に名が知れるのは遠江国(とおとうみのくに)横須賀城の大須賀康高(やすたか)に属した清宗(きよむね)から。その孫井上正就(まさなり)は徳川秀忠に仕え、老中を勤め1622年(元和8)横須賀城主となり、5万2500石を領した。その後、正利(まさとし)のとき常陸国(ひたちのくに)笠間(5万石)、正岑(まさみね)のとき丹波国亀山(4万7000石)など城地を移し、1758年(宝暦8)正経(まさつね)のとき遠江浜松城主(5万石)となったが、水野忠邦(ただくに)の浜松襲封(しゅうほう)により陸奥国(むつのくに)棚倉(たなくら)、上野国(こうずけのくに)館林(たてばやし)と移り、1845年(弘化2)水野が失脚すると浜松に戻った。支藩は、正就の弟井上政重を祖とする下総国(しもうさのくに)高岡藩(1万0500石)、正岑の弟正長(まさなが)を祖とする常陸国下妻藩(しもつまはん)(1万石)がある。[小池 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上氏の関連情報