「独島3原則」(読み)とくとさんげんそく

知恵蔵の解説

「独島3原則」

盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国大統領の与党・開かれたウリ党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)議長(党首・当時)が2006年5月1日、日韓間で係争中の竹島(韓国名・独島)に上陸、警備態勢などを視察したことに合わせて発表された、3点にわたる対日強硬姿勢。まず「独島問題は歴史問題である」とし、領土問題としては既に決着ずみという姿勢を示したこと、第2に「国際紛争化を狙う日本の意図を排撃する」として、日本による国際世論への働きかけをけん制するとともに、日本が主張する国際司法裁判所による判断を今後も避けること、第3に「犠牲を払っても独島を守る」としている。

(2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android