竹島(読み)たけしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹島
たけしま

島根県北東部,隠岐諸島北西 157km(北緯 37°14′,東経 131°52′)にある日本海の孤島。隠岐の島町に属する。東島(女島),西島男島)の二つの主島と点在する数十の小岩礁からなり,わずかに草が生えるだけの無人の岩石島で総面積 0.21km2。嘉永2(1849)年にフランス船『リアンクール』が発見したことからリアンクール岩礁 Liancourt Rocksとも呼ばれる。1905年,明治政府が日本領有を宣言,島根県に編入した。明治以前は大韓民国(韓国)のウルルン(鬱陵)島が竹島,竹島は松島と呼ばれ,両島は混同されていた。寛文7(1667)年の記録には「松島」として竹島のことが記されている。付近は豊かな漁場。韓国が領有権を主張し,1954年から実効支配を続けている。(→竹島帰属問題

竹島
たけしま

鹿児島県南部,薩摩半島南方約 40kmの海上にある火山島。最高点は馬籠山 (220m) 。口之三島の1つで,三島村に属する。農漁業がふるわないため,若年労働者の島外転出が多い。島全体がリュウキュウチクでおおわれているため,この名がある。面積 4.20km2。人口 91 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

竹島

島根県・隠岐諸島の北西約157キロの日本海にあり、日韓がそれぞれ領有権を主張している。二つの小島と、数十の岩礁からなる。総面積は0・21平方キロ。韓国が宿舎灯台ヘリポートを設置、武装警備隊員を配備するなど実効支配している。

(2012-12-11 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

竹島【たけしま】

島根県隠岐諸島北西の日本海上,北緯37°14′,東経131°52′にある無人の岩礁。韓国語では独島(ドクト)。男島,女島のほか十数個の岩礁があり好漁場をなす。藩政時代朝鮮領の鬱陵(うつりょう)島を竹島,五十猛(いそたけ)(磯竹とも表記される)島,竹島を松島と呼んだが,19世紀半ば英仏船の測量以後リャンコ島とも呼ばれ,呼称が混乱している。1905年,日露戦争を機に朝鮮半島の領有を目論み,日韓保護条約を進めていた大日本帝国政府は閣議でこの岩礁を日本領とし,島根県穏地(おち)郡(現,隠岐郡)五箇村(現,隠岐の島町)所属竹島とした。第2次大戦敗戦で日本はGHQの統治下に入ったがGHQの覚書には,日本から政治上,行政上分離する地域が指定され,竹島はこれに含まれている。1952年韓国が〈李承晩ライン〉設定の際に領土権を主張して〈独島(トクド)〉の領土標を立て,以後韓国が実効支配している。韓国は日本との間に領土問題は存在しないとして,この問題を国際司法の場に出すことを拒否しているが,現在も事実上は,日韓間で係争中である。2005年3月,島根県が条例で〈竹島の日〉を制定し,両国間で問題化,韓国政府は日本政府に抗議,民間でも反日運動が拡がり日韓関係は冷え込んだ。2011年3月日本の文部科学省は,2011年4月から使われる中学の地理と公民の教科書で竹島を日本領とする多くの教科書を合格とする検定結果を公表,韓国政府と韓国の世論はこれに激しく反発した。2013年8月韓国・李明博大統領が突如竹島に上陸,さらに会見で天皇の〈訪韓〉と〈謝罪〉問題に言及した。日本側はこれに強く反発し抗議。韓国の現職大統領が同島上陸に踏み切ったのははじめてである。折から日中間で尖閣諸島問題が緊迫化し,韓国は,尖閣諸島をめぐる領土問題を〈過去の日本の植民地支配・アジア侵略の歴史について真摯な反省が無い〉と主張する中国と共同歩調を取り始めた。2013年2月に就任した朴槿恵大統領はこの姿勢をさらに鮮明に打ち出し,中国・習近平主席とともに領土問題を安倍政権の〈歴史認識〉問題と直結させる考えを国際社会に強くアピール,日韓関係は冷却の一途を辿った。2015年4月外務省は,外交青書で,2004年版以降使われてきた日韓関係を〈基本的価値を共有〉するとした表現をかえ,〈最も重要な隣国〉とするにとどめた。竹島については〈日韓間には領有権をめぐる問題があるが,歴史的にも国際法上も明らかに日本固有の領土〉と明記した。→領土問題
→関連項目アジア漁業日韓漁業協定

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

竹島

島根県隠岐郡隠岐の島町、隠岐諸島の北西約158km、日本海南西部に位置する島。男島・女島の2島を中心とする島嶼群の総称。日韓両国が領有権を主張し係争中。韓国名は独島(ドクト)。

竹島

山口県山口市、秋穂湾の先に浮かぶ無人島。秋穂の八坂神社の社有地。

竹島

熊本県天草市有明町、天草上島の大浦漁港から北へ約0.2kmに位置する無人島。

竹島

熊本県天草市御所浦町、御所浦島の唐木崎地区の西約3km、牧島の南西に位置する無人島。島ではヌンムリテス(新生代大形有孔虫)の化石が発見されており、公開見学地となっている。

竹島

鹿児島県出水郡長島町、長島北部の薄井漁港の東沖約0.2kmに位置する島。港との間は竹島大橋で結ばれている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけしま【竹島】

隠岐(おき)諸島の北西157km,北緯37゜09′,東経131゜55′にある島。男島(西島),女島(東島)の2主島(岩石島)と十数個の岩礁からなる。面積0.23km2。島根県隠岐郡五箇(ごか)村に属する。しかし韓国も島の領有権を主張し,独島(トクド)と呼んでいる。近海は日本海の好漁場である。江戸初期,山陰漁民はこの島を〈松島〉と呼び,朝鮮半島東岸沖の鬱陵(うつりよう)島を〈竹島〉と呼んでいた。1849年にフランスの捕鯨船リアンクール号がこの島をリアンクール岩と名づけ,以後は山陰の漁民も〈リャンコ島〉と呼ぶことが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たけしま【竹島】

島根県、隠岐諸島の北西方の日本海にある小さな無人島。男・女二つの岩島と岩礁からなる。1905年(明治38)、日本が領有を宣言。
江戸時代、鬱陵うつりよう島の日本での呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕竹島(たけしま)


日本海西部、島根県隠岐(おき)諸島の北西約157kmにある無人島。男島(西島)・女島(東島)と周辺の岩礁群からなり、総面積0.23km2は東京都千代田区の日比谷公園ほどの広さ。韓国側は「独島(ドクト)」の名で呼び、古地図に記された「于山島」などの名を挙げ古くからの韓国領と主張するが、「于山」は現鬱陵(うつりょう)島(ウルルンド)の別名である。江戸時代初期から日本人漁民には「松島」の名で知られていた。1618年(元和4)以来、伯耆(ほうき)国(現鳥取県)米子の漁家2軒が毎年交替で当時の竹島(現韓国領の鬱陵島)に出漁していたが、その途中にある松島(現竹島)は荒天時の絶好の投錨地であり、またサザエ・アワビやアシカ漁の好漁場としても利用していた。18世紀後半から日本海に欧米各国の艦船・商船や捕鯨船が来航し、それぞれが竹島(現鬱陵島)と松島(現竹島)を測量した。ところが、当時の測量技術はまだ未熟で、経緯度は不正確だった。結果、現鬱陵島の北西側に実在しない島が想定され、これを日本名の竹島とし、その南東側にある小島(実は現鬱陵島の位置に近い)を松島とする錯誤した認識が定着していった。1905年(明治38)、日本は現竹島を日本の地籍に編入し、島根県隠岐島司の管轄下に置いた。この時、隠岐島司は古来、隠岐諸島と朝鮮半島の間に松島・竹島の2島が存在していたことを承知していたが、海図に現鬱陵島が「松島」の名で記載されているのに対し「竹島」のほうは行方不明となっていることから、この際「竹島」の名を復活すべし、と具申した。かくて、江戸時代の松島・竹島の名称が逆転する現象が生じた。第二次世界大戦直後、アメリカ占領軍は現竹島を爆撃訓練区域とし、マッカーサー-ラインを引いて日本漁船の接近を禁止した。1951年(昭和26)9月、対日講和条約が締結される過程で、韓国は日本の現竹島領有権放棄を要求したが、アメリカはこれを拒否。翌年1月、韓国初代大統領の李承晩(りしょうばん)(イ・スンマン)は海洋主権宣言を発し、現竹島を取り込んだ形で李承晩ラインを設定した。その後、1953年(昭和28)、日本の海上保安庁巡視船や島根県庁の公船が現竹島に上陸し日本国領の標柱を建てるなどしたが、韓国側は武装した沿岸警備隊を常駐させ、接近する日本船を銃撃する挙に出た。1965年(昭和40)、日韓基本条約の締結に伴い韓国の李承晩ラインは撤廃され、竹島問題については「両国間の係争問題は平和的交渉により解決を図ること」と合意されたが、日本側の再三にわたる呼びかけも韓国側は拒否し、武装占拠状態はその後も継続されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹島の関連情報